講師紹介

講師紹介Instructor

佐藤 和彦

佐藤 和彦Kazuhiko Sato

教室木曜日担当。教室、体験陶芸の総合プロデューサー。

1969年より作陶を始める。
陶芸作家としての作品は現代の都会的なものだが、古典的な作品にも造詣が深い。“陶芸界の鬼才”加守田章二も絶賛した、確かな技術で美しい形を生み出す。
生徒達のどんな質問にも的確に答えてくれる、頼もしく、親しみやすい先生。

>陶歴と作品を見る
柴田 里佳

柴田 里佳Rika Shibata

教室金曜日、土曜日担当。

1998年より作陶を始める。
手の温もりのある「手びねり」で作る作品が得意な先生。館長の指導法と技術を継承し、基礎から丁寧に教えてくれる。

「心をこめて作った作品は、人に感動を与えます。自分自身も感動するような作品を作りましょう。初めて陶芸をされる方も、どうぞ怖がらずにいらしてください。熱烈歓迎いたします(笑)」

金子 真理子

金子 真理子Mariko Kaneko

体験陶芸担当。

2008年より作陶を始める。
横浜いずみ陶芸学院研究科終了。
子供たちにも優しく、丁寧に説明してくれる先生。
体験陶芸は2019年より担当し、お客様の様々なリクエストにも応えてくれる。
「do陶芸館での体験陶芸がきっかけとなって、もっと陶芸をやってみたいと感じていただけたら嬉しいです。」

伊藤 進矢

伊藤 進矢Shinya Itoh

体験陶芸担当。

2013年より作陶を始める。
岐阜県土岐市立陶磁器試験場
岐阜県立多治見工業高等学校 専攻科
陶磁科学芸術科 課程修了

「作品を上手に制作しようとする気持ちも大事です。
ですが、それ以上に作る過程を楽しみながら
作品、そして良い思い出を作って頂けたのならと思います。
私にそのお手伝いが出来ましたら幸いです。」

>陶歴と作品を見る

佐藤和彦 陶歴&作品

1947年神奈川県藤沢市に生まれる
1970年 東京芸術大学大学院陶芸専攻修了。
在学中に藤本能道、田村耕一に師事。
修了作品でサロン・ド・プランタン賞受賞
1973年 東京セントラルサロンで初個展以後、東京セントラル絵画館・三越本店・
寛土里・西部池袋店・京王百貨店・赤坂遊ギャラリーなど個展多数
1979年 ニューヨーク「ブルーミングデール」にてジャパンセラミック展出品
1980年 「日本の美」シドニー展、メルボルン展出品
1983年 「現代日本陶芸展」ワシントン、ロンドン巡回展に出品
1994年 Bunkamuraザ・ミュージアムにて工藤和彦花展のための花器制作
1999年 誠文堂新光社より「手びねり陶芸塾」出版、以後6冊出版
NHK BS 「やきもの探訪」出演
2001年 韓国「陶磁エクスポ2001」に招待、ワークショップ
2002年 神奈川県民ホールギャラリーにて「神奈川の陶芸ーうつわの美」展に招待出品
鎌倉工芸にて楽茶碗展
2004年 信楽「陶芸の森」招待講師、作品制作
四国土佐山田町立美術館にて佐藤和彦陶芸展
2008年 茅ヶ崎クラフト俊にて土鍋展
2011年 藤沢市30日美術館に於いて「土器、音、空間展」をプロデュース。
越前窯業指導所に於いて指導。
以後、京王百貨店新宿店、銀座ギャラリー田中、そごう横浜店、北鎌倉ギャラリー蔵屋等で継続して個展を開催。
現在 do陶芸館館長 祖師谷陶房講師

作品集

Englsh
ご予約・お問い合わせ TOPに戻る ご予約・お問い合わせ TOPに戻る